その他

~虫歯から守ってあげたい!6歳臼歯シーラントのお話~

こんにちは。

今回は子供の虫歯を守るシーラントについてご紹介致します。

シーラントとは?

シーラントはフッ素塗布と並んで小児によく行われる虫歯の予防処置です。 処置として、奥歯の溝をプラスチック樹脂の一種で埋めることになります。 主に生えて間もない6歳臼歯や奥歯に行います。

 

シーラントのメリットとは?

■溝を埋めて虫歯予防

フッ素配合のレジンという素材で歯の溝を埋めることで食べカスや汚れが溝に入らないようにして虫歯を防ぎます。

 

■生えたての永久歯を守ります

シーラントを行うタイミングは、奥の永久歯が生え始めた時が目安になります。生えたばかりの永久歯は歯質や、背が低く磨きにくいため、初期虫歯になりやすいという特徴があります。シーラントをすることで虫歯を遠ざけることができます。

シーラントのデメリットは?

■外れる可能性があります

歯の溝を埋めるシーラントですが、永久的に溝を埋めるものではありません。なのでまだ大人になる前に取れてしまうこともあります。定期検診などでチェックしてもらい、必要があれば処置を施してもらうようにしましょう。

■口を一定時間開けていられるお子様が対象です

シーラントはあくまで虫歯の予防処置です。無理やり嫌がっているこどもを押さえ付けて行う必要はありません。歯医者にあまり慣れていないお子様はフッ素塗布を定期的に行うことで虫歯予防につながります。

シーランと処置の流れ

1.処置をする歯をきれいに掃除します。

2.シーラント剤を溝に流し込みます。

歯の溝にシーラント剤を流しこみ、光を照射して固めます。最後にしっかり固まっているのかチェックして処置は完了になります。シーラント後は飲み物や食事などしていただいても構いません。

 


シーラントを行えば絶対に虫歯にならないという処置ではありません。 日々の歯みがきのケアや、定期的な歯医者でのチェックを行うことでより虫歯予防の効果を高めることが出来ます。

シーラント治療は保険治療になりますので、気になる方は是非ご相談ください。