その他

失った歯を補う3つの方法

 

こんにちは。

やむを得ず歯を失ってしまったら…

失った歯を補う方法には固定式のブリッジ、入れ歯、インプラントの3種類の方法をご紹介致します。

 

固定式のブリッジ

土台となる歯を大きく削らなければなりません。

支えの歯には大きな負担がかかってしまいます。

 

自費治療だとほとんど歯を削らず、治療できるヒューマンブリッジがございます。

詳しくはブログに記載しておりますので是非ご覧ください。

 

入れ歯

違和感が大きく、金具をひっかける歯に負担がかかります。

発音障害が出ることあります。噛む力も弱いです。

 

インプラント

インプラントとは、失われてしまったご自身の歯の代わりに人口の歯根(インプラント体)を埋入し、咬合、審美の回復、残存歯・歯槽骨の保護を目的とした治療法です。人口の歯根を支えにして歯を固定します。

噛む力は大きく改善されます。両隣の歯を削らず、負担もかかりません。

インプラント治療は自費治療になります。

こちらもブログに記載されています。是非チェックしてみてください。

 

歯を失ってしまったらそのまま放置せず、まずは歯医者さんに相談しましょう。

ご自身の生活習慣やご要望、ご予算などに応じて最適な治療方法をご提案いたします。