その他

入れ歯の種類について

こんにちは。

 

痛い、外れやすい、しっかり咬めない、話しづらい。そんな合わない入れ歯で我慢していませんか。そのまま使い続けていると、周りの歯に負担がかかったり、歯ぐきに炎症を起こしたり、さまざまなトラブルを引き起こす恐れがあります。

 

入れ歯の種類

1.レジン床入れ歯

床部分をレジン(歯科用プラスチック)で作った保険診療の一般的な入れ歯です。
やや厚みがあるため熱が伝わりにくく、違和感がある、強度があまりない、見た目で入れ歯とわかりやすいなどのデメリットがあります。一方、短期間で製作でき、費用が安く、修理がしやすいというメリットもあります。

 

2.金属床入れ歯(ゴールド床、

チタン床、コバルトクロム床)

床部分を金属で作った自費診療の入れ歯です。修理が難しく、保険診療の入れ歯と比べ費用が多くかかりますが、金属性のため薄くて丈夫、食べ物の熱を伝えやすい、違和感が少ないなどのメリットもあります。

 

3.ノンクラスプデンチャー

入れ歯を固定する金属のバネ(クラスプ)がなく、プラスチック製の床で義歯を支える自費診療の部分入れ歯です。
高温に弱く、修理が難しい、保険診療の入れ歯と比べて多くの費用がかかるなどのデメリットはありますが、薄くて軽く、見た目が自然で、金属アレルギーの心配がないなどのメリットがあります。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

 

入れ歯のお手入れについて

お口の中に入れて使う入れ歯はいつも清潔にしておきたいですよね。毎日歯を磨くように入れ歯もきちんとお手入れしましょう。こまめなお手入れが、入れ歯を長持ちさせるコツです。

ただし、お手入れの際に歯磨き粉は使用しないでください。歯磨き粉の研磨剤が入れ歯を傷つけ、そこからカビや細菌が繁殖する恐れがあるからです。お手入れの際には必ず専用のブラシと洗浄剤を使用し、水やぬるま湯できれいに汚れを落としましょう。


 

当院では、患者様一人ひとりの咬み合わせを含めたお口の状態を丁寧に診察し、ご要望に沿った精度の高い入れ歯をご提供しています。

入れ歯に関する疑問やお悩みは、どうぞお気軽にご相談ください。