その他

ワイヤー矯正とは?-ワイヤー矯正の紹介-

 

こんにちは。

今回はワイヤー矯正の種類についてご紹介致します。

 

矯正といえばこれ!というイメージの
方も多いのではないでしょうか?

ワイヤー矯正

歯の表面に『マルチブラケット』という矯正装置を取りつけ、メタルなどのワイヤーを通して固定し、歯を引っ張っていく治療方法です。大きく下記の3つの種類に分かれます。

 

①金属ブラケット(メタルブラケット)

 

金属ブラケット(メタルブラケット)

 

特徴 費用が比較的安い、
違和感が少ない

歯の表側に接着する装置(ブラケット)が金属製になります。メリットは丈夫で費用も低額なこと。メタルブラケットともいいます。

②審美ブラケット(セラミックブラケット・プラスチックブラケット)

 

審美ブラケット(セラミックブラケット・プラスチックブラケット)

特徴 目立たない

メタルブラケットと異なり、ブラケット自体が透明や白色の目立たない色で、審美性が高いのが特徴です。ブラケット自体もセラミックス製やジルコニア製、プラスチック製のものがありますが、アーチワイヤーも金属では無く、白いワイヤーを使えば更に目立ちません。

 

③セルフライゲーションブラケット

 

セルフライゲーションブラケット

特徴 痛みが少ない、治療期間が短い

セルフライゲーションブラケットとは、従来のワイヤーを使った矯正装置に比べ、ワイヤーとブラケットの摩擦力をより軽減させた装置です。4つの硬い壁に囲まれたスロットを有するブラケットと、弱い力のハイテク形状記憶ワイヤーを使う事によってそれを実現させています。ゴムなどできちっと留めてしまわないため、ブラケットを装着した歯に強い力がかからず、痛みを軽減しながらもスピーディーに歯を移動させることができます。

 


 

ワイヤー矯正にも種類がございます。

少しでも気になる事があればお気軽にご相談ください。