その他

~口臭が気になる!舌の汚れにも目を向けてみては?~

 

こんにちは。

口臭は、結構デリケートな問題で、気にしている方も多いのではないでしょうか?
口臭には色々な原因があります。

 

口臭について

口臭のほとんどが何かしら口の中に原因があります。

しかし、忘れてはいけないのは、口の中は細菌が住みやすい湿度と温度である為、誰にでも自然な口の臭いはあるということです。

これを生理的口臭と言います。

通常、唾液の抗菌作用により、ある程度臭いを抑えてくれていますが、起床時や空腹時は唾液の出が悪くなる為、いつもより口臭が強く感じられる場合があります。

その他にも、にんにく料理などを食べた後の臭いは一時的なものなので、これも生理的口臭に当たります。
しかし、虫歯や歯周病が原因で臭う場合は、治療しない限り、口臭が治まることはないので、病的口臭と言います。

 

見落としがちな舌の汚れ

皆さん、「べ~っと舌を出して下さい」と言われたら、躊躇することなく、自信を持って舌を出せますか?

中にはちょっと、躊躇してしまう人もいるのではないでしょうか?

舌についてくる白っぽい、黄色っぽい汚れを、舌苔(ぜったい)と言います。

zettai

 

舌は表面がひだ状になっており、唾液の出が悪かったり、口の中のお手入れ状態が悪いと、細菌や不純物が溜まって、口臭の原因になってきます。

 

舌ブラシのお話

舌ブラシとは、舌苔を取り除く舌専用のブラシです。

歯ブラシで表面を磨くのも一つの方法ですが、舌ブラシを使用するほうがより、お勧めです。

 

使用方法

①舌を前方につき出します。

zetu1

②舌ブラシを舌の表面に当て、奥から舌先までまんべんなく、ゆっくり数回なぞります。

zetu2

 

※使用後は、歯ブラシと同様に、きれいに洗浄して風通しの良いところで保管しましょう。
※1日1回の使用にしましょう。舌ブラシの過剰使用は舌を傷つけてしまします。

 

まとめ

舌苔は誰の舌にもつきますが、口の中が正常に保たれている場合、口臭の原因にはなりにくいです。

しかし、薬の副作用、ストレスなどが原因で唾液の出が悪いとうまく舌の細菌が流されず、つきやすくなってきます。

舌苔は定期的に取り除くことをお勧めしますが、誤ったお手入れ方法をしてしまいますと、ひどい場合には舌を傷つけてしまい、味覚障害になったり、逆に細菌が付着しやすい舌になってしまうので舌のお手入れには十分に注意してくださいね。